AFTER PARTY

会場:安比高原スキー場 / 安比プラザ3F
OPEN:23:00〜5:00
ENTRANCE : 2,000yen, 2,500yen(After Partyのみ)
※メイン会場に行った方は腕に付けてるバンドを切らないでください。

APPI JAZZY SPORT × Dirty
岩手盛岡を代表するパーティDirty。
APPI JAZZY SPORT 11年目にして遂にDIRTY CREWがAFTER PARTYを主催!

Dirty

2010年
Mother Morioka開店と同タイミングで、かつてのDJ BAR DAI/FLAT 4を引っ張っていたDJ CUTS,G-HONKYを筆頭に、192cmの長身ラガHIPHOP DJ JUMBO、DJのみならず、宴会芸やダンスもイケるズッコケDJ CREW、CHOIZLEEZのメンバーで毎月第一土曜日のレギュラーパーティとしてスタート。
安定の第一土曜日として市内のパーティピーポーに支持される。

2014年12月
活動の場を広めるべくMother Moriokaでのレギュラーパーティを終了。
同時期に日々の夜遊び等で自然と交流が深まった酒乱な2人、DJ KNOWYYAと紅一点REGGAE DANCERのCHERRY BLOSSOM、長年の盟友だがブースに立つ事はなかったオールドルーキーDJ G383が新加入する。
以後不定期で、盛岡市内のクラブはもちろん、酒蔵、レコ屋、お隣の仙台市などでも昼夜問わず開催。
国内外多数のゲストを招待し、DIRTY VIBESの普及に専念している。

[MEMBER]
DJ CUTS, G-HONKY, JUMBO, CHOIZLEEZ (PIMP D,SPECIAL T,MIRACLE T), G383, KNOWYYA

DANCER
CHERRY BLOSSOM

LINE UP

DJ KENSEI

DJ KENSEI

DJ/PRODUCER/LAPTOP MUSICIAN/BEATMAKER

東京都出身。80年代中盤から現在に至るまで、その時代のFreshなSoundをリアルタイムに数多くのClubの現場でプレイするDJとして知られ、現在もあらゆる場所でその空気をコントロールするDJとして精力的に活動を続けているDJ KENSEI。ヒップホップを起点に、常にDJを続けながら国内外の様々なレーベルからCLASSICな作品やオフィシャルMIX等を多数リリースしている。ソロ以外に、INDOPEPSYCHICS、FINAL DROP、NUDE JAZZ、OUTERLIMITS INC、KEMURI PRODUCTIONS、COFFEE&CIGARETTES BAND、OMA’N’SEI(W/SUZUKI ISAO)、Coppe’など、プロジェクトの中心として幅広く活動し、多彩なイベントに出演。ミュージシャンとのライブも積極的に行い、“生音”と“DJ”から生まれるオリジナリティー溢れるユニークなトラックをリリースしている。現在、青山蜂[COLORFUL]、渋谷NEO[DOWN BEAT SESSION]のレジデントを務めている。また、Coffee&Cigarettes Bandとしてレーベル“ELECTRIC ROOTS”を主催。2016年には30周年イヤーということで2016年4月より渋谷{CONTACT}にて[SUPER PLUME RADIO](DUBLAB)をスタート。5月中旬にはオフィシャルMIX『Melancholic Jazz Moon BLK Vinyasa Mix by DJ Kensei』(Introducing)、6月にはタイ・ラオス滞在中に制作した自身初のサウンドスケッチBEAT TAPE『IS PAAR / DJ KENSEI BEAT TAPE』(MARY JOY RECORDINGS)をリリースした。同アルバム中の『KHEAN WISTLE』「VANGVIENG BANK」は第69回ロカルノ国際映画祭若手審査員最優秀賞受賞した富田克也監督「バンコクナイツ」内でも使用されている。

http://djkensei.com

JJJ

JJJ

1989年生まれ。
川崎在住のトラックメイカー/プロデューサー、MC、DJ。
febb as Young Mason、KID FRESINOと共に結成したFla$hBackSのデビューアルバム『FL$8KS』を2013年リリース。 ソロアーティストとしては、2014年11月にデビューアルバム『Yacht Club』、2015年3月に『Yacht Club』のインスト盤『Yacht Club sailing gear session』、さらには2枚のCD-Rのビートアルバム『GGG』 、『THOUSAND』をリリースしている。韓国のヒップホップアーティスト、Ugly Duck、Reddyと共に制作した楽曲『ASIA – Ugly Duck x Reddy × JJJ (Prod.by JJJ) (Cut by DJ Scratch Nice from NYC) 』が話題となり、その音楽世界はワールドワイドな拡がりを見せ始めている。
2016年、ISSUGIと共作フリーDLミックステープ「LINK UP 2 EXPERIMENT」を発表。
数多くのアーティストへ楽曲提供、客演参加のほか、TV番組のオープニング楽曲制作、ブランドのCM&BGM制作など、活動は多岐にわたる。

Twitter : https://twitter.com/__j_j_j__?lang=ja
Soundcroud : soundcloud.com/jjjj-soma
Blog : jjjj-soma.blogspot.jp

6th Generation

6th Generation

宮城県蔵王連峰のふもと川崎町と、仙台を拠点に活動するDJ・ビートメイカー。
HEART BEATを感じるHIP HOPを軸に、頑丈で自立したBLACK MUSICをOUTPUT。キレのあるスクラッチと、二枚使いでオーディエンスの首を揺らす。 2015年、1st Album『The Right Way』をリリース。同アルバムは、iTunes Store全ジャンル総合ページのTOPバナーで紹介され、「ヒップホップ/ラップ」の国内外含めたアルバム ランキングでは最高6位を獲得。また、韓国の総合音楽アプリ「genie/ジーン」にて特集ページが組まれ、読者投稿による「人気マガジン ランキング」で最高位1位を獲得。2016年3月には、DJ KENTARO, GOLDIE, DJ SHORTKUTらと共に、フィリピンにて行われた野外フェスティバル「BASSCAMP x MALASIMBO LIGHTS & DANCE FESTIVAL」に出演。知名度は一躍「世界規格」となる。2016年9月には、渡米しNewYorkにて、Hip Hopの聖地ブルックリンで最も信頼度の高いMC、世界各国で年々影響力を高める「Skyzoo」と活動を共にしてきた盟友、GAGLEの「MC HUNGER」をゲストに招いた楽曲をプロデュース。さらなる6th Generationのネクストレベルビートに注目が集まる。本楽曲も収録されたNEWリリースは2017年予定。

[MV]
6th Generation - AUTHENTICS feat SKYZOO & HUNGER

WISESENSEI

WISESENSEI

かつて盛岡を代表するヒップホップ・グループ・ArmarioのMCとして活動。BOTTOM FLYやDJ CUTS、DJ CHOKUらと盛岡でシーンを築き上げた。その後、盟友・Downwell79s (DJ KOGA & FREEDOMCHICKEN)のいるニューヨークはブルックリンへ渡り、2008年に帰国。2010年11月にデビュー12インチ・シングル"Beyond The Walls"をリリース。キレもありながら詩情に溢れるリリックとタフでラフなサウンドでヘッズに衝撃を与え、瞬く間に完売し話題となった。2014年3月にはレーベル・Suspicious Cityより、長年の同士でもあるDeeego,そしてLadidadi,DJ Juco,DJ Mitsu the Beats,Leo,Aboa Koga,Bottom Flyをプロデューサーとして迎えた1st アルバム"SENSE WISENESS"をリリースする。2014年6月にはオランダ・アムステルダムを拠点に活動するproducer、KID SUBLIMEの3rdアルバム『Hot Water Music』に収録されているA Brand New Dayに参加。

http://wisesensei.jp

HAGA RANKS

HAGA RANKS

1995年16歳でレゲエDeejayとして活動開始。
地元岩手を拠点に数多くのビッグアーティストのフロントアクトを務めスキルを磨く。
2000年に大阪で行われたカエルスタジオ主催のDeejayコンテストに参加し上位入賞。和製Buju の名を轟かす。
同年、カエルスタジオからリリースされたall japanese mix tapeドラゴン2000で初音源Get up stand upが収録される。
その後大阪、横浜、埼玉、東京と拠点を移し数多くの現場をこなしスキルを磨く。2005年jamaicaでking stur gavの現場でもマイクを握る。
その他コンピCDレゲエシャイニング、レゲエ野郎など音源に参加。
その後、地元岩手に拠点を戻し数多くの現場や年に一度の東北最大の野外フェス、東北レゲエ祭には11年連続出演し、地元のレゲエシーンを仲間と共に盛り上げ中!
2016年Deejay歴21年を迎える和製BujuことHAGA RANKSをmust check!

SHIZRY

SHIZRY

一本のカセットテープがきっかけで2000年頃からReggaeを聴き始め、そこから一気にReggaeの世界にのめり込む。
soundやselectorをやる気もないのにターンテーブルを買い、レコードを買い集めてる時に、知人に二戸にあるReggae Bar SLAM を紹介してもらい完全にノックアウト!!!
マスター(通称スラマス)に弟子入りしselector そしてR-B SLAM Soundで活動を始める。時を経てR-B SLAMを抜け盛岡を中心にピンで活動を続け今に至る。

ただのReggae好き

SON THE DYNAMITE

SON THE DYNAMITE

Bad selector from melting pot
高校時代にReggaeと出会い、気づいた時には機材が揃いレコードを買い漁り、selectorを始め10数年。
現在はレギュラーイベントとしてNever Grow Oldを盟友hanagoe 、shizryと共に開催している。またyardvibes crew&sound systemとともに良質爆音届け隊としても活動中!
好きな食べ物はどら焼き◎

影 the shadowmen

影 the shadowmen

千葉県出身のHIPHOP Artist。
1st Solo Album『NEWGIGANTE』をリリースし、その後盟友HIMUKIとタッグを組みKGE&HIMUKIとして3枚Albumをリリースし今現在も全国のClubを中心に活動している。日本語ラップArtist屈指のフロウ巧者として名を馳せる一方、ONE DAYやPSYCHO CARNIVAL、犬の十戒をモチーフに書いた詩で話題となった十戒など、リリックにおけるコミカルなトピック達もまた彼の醍醐味と言える。
MURO、GAGLE、ZEEBRA等これまで数々のゲストワークをこなし、評価を得てきた彼はまさに影の客演王であり、それらの楽曲で構成されたMIX CD、SHADOWMEN LOVES COMPANYも好評である。 現在GAGLEのメインMCであるHUNGERとのコラボアルバムを制作中。

Twitter @sarutobee18

QUIZI A RHYME

QUIZI A RHYME

岩手県盛岡市出身のラッパー
MAD BRIDGEのメンバーとして活動
2014年に単身上京し、ソロ活動をスタート
2016年 1st EP「BEAUTIFUL LOSERS」発売

Dirty Crew

DJ CUTS

DJ CUTS

G-HONKY

G-HONKY

JUMBO

JUMBO

CHOIZLEEZ

CHOIZLEEZ

G383

G383

KNOWYYA

KNOWYYA

CHERRY BLOSSOM

SOUND & FOOD

MADDISCO

MADDISCO

SOUND CHANNEL

SOUND CHANNEL

さっこ食堂

さっこ食堂